• カテゴリー別アーカイブ 未分類
  • ☛ 発会だぜ?

     

     

    ↑ブログランキングに参加してます。クリックしていただけると、とても幸せな気持ちになれます。僕が。

     

     

     

     

     

     

    いやー、初っ端からキナ臭いですが、今年もぼちぼちよろしくお願いいたします。

     

     

     

     

     

    ↓ブログランキングに参加してます。クリックしていただけると、とても幸せな気持ちになれます。僕が。

     

     


  • ☛ 小納会~こものうかい~2019

     

     

    ↑ブログランキングに参加してます。クリックしていただけると、とても幸せな気持ちになれます。僕が。

     

     

     

     

     

     「食ったら死ぬソバを食って死ぬ」というね、当たり前のことが当たり前に起きただけの納会。またお会いしましたね。みなさまいかがお過ごしでしょうか。

     さて僕の方はというと、本編でも少し触れましたが個人的になかなか忙しい一年でしてね、ちょいちょい欠場を挟んだりで、あんまり相場の方に集中できない年となりました。とは言えまあ一応張れるときはちゃんと張ってまして、数字の方は相変わらずですけれども月間では無敗という変わり映えのしない年末でして、まだ生き長らえているという申し訳ない事実をみなさんには受け止めて頂きたいんですが、ともあれそんなんもあって動画作る時間が取れませんでですね。アレが作曲に1カ月、作画編集に1カ月掛かるもんですからね、ちょっと仕方なかったですかねw ええww

     さて、僕とは打って変って、んーみなさんはどう感じましたかね、相場の方は実に退屈な一年だったように思いますね。大納会後場、僕は毎年恒例の勝ち逃げ(ちなみに本日の収支は+85円ですがw)で手仕舞ってこの文章を打ってるんですが、こうして思い返そうとしてもですね、なんか象徴的なことがひとつも浮かんでこないんですよね。例えば良く触った銘柄とか……んー、なんだったかなーと。直近だと 3449 テクノフレックス とか 6619 Wスコープ とかなんですけど、まあとにかく「とりあえずこれだけは毎日見よう」という銘柄は特になかったかなというカンジですね。「お、なかなか良い板つきと動きだね」と思っても、次の日には全く動かなくなるってのがしょっちゅうだったように思います。

     立ち回りとしても、個人的にはやっぱり瞬トレが楽だし、結果的にも安定するように思うんですが、残念ながらそういうことをやらせてくれるような状況は、もう絶滅したといえるぐらい無かったかなという印象ですね。んー、まあなくはないんですが、あっても「たまたま開いてた板が、たまたま見てた時に、たまたま急落して、たまたま指したら、たまたま拾えて、たまたま即戻って、たまたま利食えた」みたいな、少なくとも主力で扱えるような手ではもうなくなってますかね。まあまたそう言う地合いになるまでとっときましょうかというカンジですね。

     ではどういう手が主力だったかというと、まあ板読みのスキャルピングには変わりないんですが、節目を意識してちょっと待つみたいな、瞬トレよりもう二回りぐらい時間の掛かる手でしてね。個人的に意識する節目というのが、「大台とか前日終値とかゾロ目とか」なんですが、これに向かって買われてくトコとか、これを割った後そこまで戻ってくトコとかに乗ると。んで、そこを抜いた後の売りが薄いと、ついでにブッ放してくれたりもするんで、そうなるならなお良しというカンジですね。もちろん今までもこれは意識してたんですけどね、やっぱり節目に届くまでに上下したりするんで、ちょっと下振れするとメンドくて降りてたんすよね。そんなんじゃ小銭拾いで終わるんですけど、手数で積めたんで別に良かったんですよ、従来は。ところがこの手数ってヤツが最近は全く伸ばせないもんですから、一発の値幅がそこそこないとねー、ご飯も食えないカンジなんすよ。だからちょっと下げを我慢したりしますね。もちろん損切りラインはそう遠くないところに置いてますが。今のところは、アルゴとか相手にしてもこれで通らなくはないという具合ですんで、とりあえずそんなカンジで続けてみましょうかね。来年も。みたいな。……おっとw ガラにもなく手法の話なんぞしてしまいましたねww まあしかしそんぐらい個別具体的な特徴のない一年だったことの証左かなというカンジですw はいww

     あ、あと手法ついでにですね、もういっこ、たぶん読んで損はないかなという経験談をひとつ。上述の通り、個人的に明らかに集中できない一年だったんですよ。相場もやるこたやるんですけど、やりながら集中できてない自覚があるんですよね。んで、そうすると手が、特に損切りする時の手が鈍りそうなもんじゃないですか。ところがそれがね、意外となかったんですよね。

     僕が株始めたばっかの頃、大学3年ならないぐらいの頃ですが、例によって損切りが全然できなくてですね。そっから1年ぐらい掛けてようやく「切らなきゃっ!」って思えば切れるようにはなったんですよ。ただそれでもまだちょいちょい躊躇うことあったんですね。「いや、確かにさっきは切ろうと思ったけど、状況が変わったしな……」的なねw ヤツですよww みなさんご経験あるんじゃないかと思いますけど。ほんでそんとき思いましたよね。「やっぱ頭で考えてるうちはまだ言い訳挟む余地あるな」と。例えば「熱いナベ間違って触っちゃった時に勝手に手ェ離す」みたいに、なんも考えんと反射的に手が動くぐらいにならんうちはまだリスク管理とは言えんなというね。まあこれも良くある例えなんですかね。ともあれ、それができるのはいつになる事やらと思いながらですね。

     そして今回。明らかにブレてるメンタルなわけですが、そんな中でもね、手は動いてくれましたね。「だり…ねみ…」とか言いながらですよ。ストップロスのライン割ったら手が勝手に切ってくれるんすよ。これはちょっとね、おや?おやおやまあまあと思いましたよね。あらあら、できるようになってたんですねと。あの時、平常心ですらできなかったことが、こんだけブレててもね、まあできるようになるんだと。チンタラでも続けてりゃ。そのことを今回、初めて明確に認識しましてね。何を申し上げたいかというとですね、メンタルブレてるときってのは、基本相場張らない方が良いのかも知んないんですけど、逆に言うと「メンタルブレたときに自分の手がどうなるのかというのは、メンタルブレてる時にしかわからない」んですよね。んでそのメンタルを意図的にブレさせるってできないじゃないですか。なので、メンタルブレてるっていうのは、そういうのを試して、フィードバックを得られる数少ないチャンスなんだなあと。そういう時にあえてやるからこそ気付けることもあるんだなと。なんかそういうことを、思いましたマル うれしかったですマル

     さて、なんで突然こんな真面目な話をしたか、このブログを長いこと読んで頂いてる方にはとうにおわかりのことと思いますが、改めて説明させて頂きます。

     相場が重要と供給のバランスでできているように、当ブログは僕の理性と妄念でできています。

     そして今、明らかに理性の側にモメンタムが偏ってるんですよ。異論はないと思います。

     さあ調整だ!調整調整!!調整祭りだ!!

     どうやって……ですって?

    クソッ!今年はこれぐらいで勘弁してやるッッ!!

     

    信じがたいですよね。大引けが迫る中、慌てて「ブラホック とめる」で画像検索するカンジ

    全く信じがたいですが、そんな年越しも悪くないだろう(最近覚えたてのヤツ)

     

     

    それでは、来る年がみなさまにとって益多きものとなるよう祈りまして、往く年の納めとさせていただきます。

    また来世 ノシ

     

     

     

    ↓ブログランキングに参加してます。クリックしていただけると、とても幸せな気持ちになれます。僕が。

     

     


  • ☛ 発会だぜ?

     

     

    ↑ブログランキングに参加してます。クリックしていただけると、とても幸せな気持ちになれます。僕が。

     

     

     

     

     

     

    頼む……っ!

    久々にログインしたら何かの間違いでいちおくまん円入っててくれ……っ!!

    …………チラッ)……ああっ……

     

    明けましておめでとうございます。

    今年の目標は、

    キングダムハーツ3をクリアするまで生きることです。

    ひとまず発会は生きました。

    皆さんはいつまでもお元気でいて下さい。

    また来世 ノシ

     

     

     

     

    ↓ブログランキングに参加してます。クリックしていただけると、とても幸せな気持ちになれます。僕が。

     

     


  • ☛ 小納会~こものうかい~2018

     

     

    ↑ブログランキングに参加してます。クリックしていただけると、とても幸せな気持ちになれます。僕が。

     

     

     

     

     

     

     「晋どん、晋どん、もう、ここらでよかろう」

     死期を悟った西郷隆盛は、盟友別府晋介にこう促し、介錯を頼んだといいます。

    介錯とは、切腹する者がいつまでも苦しまずに済むよう首を斬り落とすこと。あるいは、武士の最後の情けとも言える行為でしょう。

    その介錯をハンマーで!?

    そんな納会です。みなさまいかがお過ごしでしょうか。

     

     僕はと言うとですね、負けて年を越したくないってんで、納会の日は勝ち逃げ手仕舞い。1円でもプラスになればその瞬間もうやめるってのが毎年恒例なんですね。

    ほんで残った時間で、これまた恒例の動画を仕上げにかかるっちゅーわけなんですが、今年は珍しく動画の方が一昨日に仕上がりましてね。ヒマができたっちゅーこと、あと今年はブログでとうとう挨拶しかしてないってなことで、ガラにもなく個人的に今年の相場なんぞ振り返ってみようと思うわけです。

     

     あとでガッカリされないよう結論から申しますと、辛くも月間無敗は継続でですね、恥ずかしながら生き残っておりました。もちろん数字の方は相変わらずのベーシックインカム状態なんで、そこは安心して頂きたいですが。ともあれ大勢にもれず、なかなかに我慢の続く年だったなあというのが率直な感想でしょうかね。

     

     最初の契機は、やはり2月のVIXショックだったでしょうか。あのあたりから参加者がグッと減ったカンジを受けました。目先、手数頼みで積んでいくのはちょっとダルそうだぞというカンジですね。

    しかしそうとわかると、割り切って色んな手を試してみるかという気にもなります。どうせ勝てねーし、負けても良いから次の手を探してみるかと。良く見るパターンのアルゴを読んでみたり、ちょっと時間軸を変えてみたりとかですね。この過渡期って言いますかねー、すなわち、まあまあ通ってた手が下火になって次に行く段階。ここが一番シンドいですね。動画にも入れましたが、変わらんでくれなんつったって変わる。しゃーないけどシンドいです。ただ、単に新しい手を探すというだけではなく、一旦既存の手法を洗う切っ掛けとかにもなるんで、今までなんとなく機能してた部分がなぜ機能していたかとか、あるいは、こういうとこで良くヤラレてたのがなんでなのかとか、そういったことが具体的になったりすることもあるんで、まあまあまあ悪くないかと。そんなカンジですかね。

     

     そうこうしていると、春から夏ぐらいにかけてでしたかね、名古屋証券取引所がにわかに賑わい出しましたね。昨年終盤あたりから札幌証券取引所の 2928 RIZAP をよく監てたんですが、そもそもの値動きは乏しいものの、なんか理不尽な動きが少ない気がして、やっぱアルゴの魔手はまだ地方までは届いてないのかと一縷の希望を見出したものですが、さてそれがホントかどうかはともかく、同様に名証 2467 バルク あたりは、今年の中では比較的噛み合った銘柄のように思います。

     

     しかしながらこの株式市場地方創生の流れも秋口にはしぼんで、んー、このあたりからなんというか、とにかく上が買われないって言うんですかねー。「ここ抜けりゃさすがに速えだろ」ってとこでことごとく止まるなと。自分の手法なんてのは要するに「ここで下げ止まるってとこ拾う」か「ここ抜けたら速えってとこ乗る」かなんですが、とにかく後者の選択肢がみるみる廃れていった印象があります。

    この時期の主力は 9399 ビート でした。これが「ちょいちょいガッと投げられるけど結局戻る」みたいな動きしてまして、そこ拾うのがメインでした。というかこの時期それ以外やることなかったまでありますが。ただ厄介なのが、結局戻るといっても「すぐには戻らんことが多いから、多少掘られてもちょっと待った方が良い」カンジだったんですよねえ。この目線がド裏目に出たのが、これツイートしてたんで思い出したんですけどね、10月5日。場中に増資出たんですよね、ビート。当然ガッと売られてくるわけなんですけど、目線が目線なんで「おっしゃ拾ったろ」ってなるじゃないすか。でも材料が材料なんで、更にガッと売られてきますよね。でも目線が目線なんで「ここは待ったろ」ってなるわけですよ。あれよあれよでストップ安ですよ。まあさすがに致命傷負う前には降りられたんですが、あれが今年のワーストでしたかね。他にも10月は鬼門でですね、「TATERUがやらかしました→おっしゃシノケンやったろ→シノケンもやらかしてました」とか「KYBがやらかしました→おっしゃ川金やったろ→川金もやらかしてました」とかで、なんかこう、事故が多かったですね。物理的にも、投機的にも。

     

     終盤はなんといっても 9434 ソフトバンク でしょうか。個人的に年初のブログで「チャレンジポイントとかいらないんで全部当選してくれ」とか書いたと思うんですが、こんな株に限って、100株しか応募してないのに当選してくれちゃってですね。いやそこはチャレンジポイントをくれよと思いましたが、ともあれ謹んで辞退させて頂きました。

    ところがこのソフトバンクと言う銘柄、出鼻こそくじかれたものの、始まってからの動きは、こんな大型の銘柄にしちゃ意外と悪くないカンジがしてですね、実は今の僕の主力だったりします。狭いながら上下があるし、あとなんていうんですかね、売られるときにそこまで凶悪なのが来ないというか、んー、損切りしやすいんですよね。悪くないとこで。なんて言ってるとあらもうこんな時間ね。

     

     とまあ雑に振り返って参りましたけれども、みなさまにとってはどのような一年だったでしょうか。

    これはずっと思ってることなんですが、難解な相場っちゅーのはですね、稼ぐには悪いですけれども、実力を測るには良いものですね。特に僕なんかは、個別の勝ち負けも大局の結果も、基本的に負け目線で見る、つまり「ダメだとどんぐらい喰らうか」ってのを最初に意識するもんですから、その意味では、悪いといわれる相場でそれでも負けないという結果を目指すということに、相応のモチベーションを得ることができるというわけです。例えば先述した鬼門の10月にしてもそうですね。最悪期に負けないなら、もう負けようがないじゃない。なにかそういった安心感を求めてるのかもしれません。

     

     で…えー……あのー……

    そう、相場。相場ですね。相場っていうのはそのー……

    需要と供給のバランスで出来てるじゃないですか。

    んでー…ブログ。ええ、このブログはですね、同じように……

    僕の理性と妄念のバランスで出来てるんですよ。

    んで、まあ相場勘の鋭いみなさんのことですから薄々勘付いてらっしゃると思うんです。

    ここまで筆に任せてくどくどと語っちまったせいで今――

    理性側にバランスが偏ってるなと。

    不均衡ですよね?

    もちろん調整するぜ?

    オイラのセクシーグラビアでな!

     

     

    「お母ちゃん。今日は勝ち逃げで手仕舞うから、なんか用事があったらザラバ中に言っても良いぜ?」

    とか言っちゃったばっかりに

    これ描いてる時に

    「ガラガラッ…KBYちゃん、ちょっと年末の買い出しに行こうと思うんだけど、今良いかし……あっ(ガラガラピシャッ」

    ってなったぜ?

    思わず

    「待ってお母ちゃん!これは違うんだ!!」

    って言っちゃったけど

    なにも違わないぜ?(調整完了)

     

     

    あーいやー、スッキリしましたね。

    僕だけですか。

    それでは、来る年がみなさまにとって益多きものとなるよう祈りまして、去ぬ年の納めとさせて戴きます。

    また来世 ノシ

     

     

     

     

     

    ↓ブログランキングに参加してます。クリックしていただけると、とても幸せな気持ちになれます。僕が。

     

     


  • ☛ 小納会~こものうかい~2017

     

     

    ↑ブログランキングに参加してます。クリックしていただけると、とても幸せな気持ちになれます。僕が。

     

     

     

     

     

     

    いやー、まさかこんな形でKBY全裸の秘密が明かされてしまうとはね。

    んん。驚きましたねみなさん。興味ないですか?さようですかww

     

    さて、早いもので2017年の相場も納めとなりました。いや本当に早く感じますね。年始の挨拶をしたのがついこの間のようですよ。みなさまにとってはどのような一年でしたでしょうか。

    僕の方はですね、んんまあ全体的には相変わらずな感じでしたけれども、8月の中旬あたりから若干噛み合わなくなってきてですね、だいぶ試行錯誤しまして、終盤の方は 2928 RIZAP あたりが主力だったんですけれども、しかし札証の銘柄が主力になるなんて思いもよらなかったですね。やっぱりアルゴが少ないからなのか、あまり動きが煩わしくなかったように感じますが、ともあれこの変化を乗り越えるとですね、普通の人は超回復のように成長して帰って来るものなんですけれども、僕の場合、だいたい元の通りに戻っただけでしたねww まあしかし変わらずやらせてもらえるというのは、これもまた十二分にありがたいと感じます。

     

    それでは、来る年がみなさまにとって益多きものとなるよう祈りまして、本年のトリとさせて戴きます。また来世 ノシ

     

     

     

    脚注


    ◇賽の河原

    この世(此岸)とあの世(彼岸)を分ける三途の川の河原。そこには懸衣翁奪衣婆という老夫婦の係員がおり、六文支払うことで彼岸へと船を渡してもらえるが、これを持たない者は代わりに衣類を剥ぎ取られることになる。だが……ならば一文も持たず、かつ一糸もまとわぬ者は…………?おやおや、景気の悪い納会だねえw。


     

     

    ↓ブログランキングに参加してます。クリックしていただけると、とても幸せな気持ちになれます。僕が。

     

     


  • 小納会~こものうかい~2016

     

     

    ↑ブログランキングに参加してます。クリックしていただけると、とても幸せな気持ちになれます。僕が。

     

     

     

     

     

     

    …………ん?

    …ええ、あの……オチましたよ。

    間違いなくオチましたね。問題ありませんね。ええ。

     

    さて、2016年も間もなくおしまいというわけですが、みなさんにとってはどんな年だったでしょうか?

    私はというとですね、まあ数字の方は相変わらずだったんですけれども、一応チャレンジ的なことは意識したつもりでですね、あんま慣れてない動きなんかにも積極的に手ぇ出したりしてたんですけどね。んん、まあなかなか上手くいかんもんですね。

    しかしですね、こないだスマスマの最終回ですか。あれを見てて思いましたね。SMAPが上手くいかねえ年に、オレが上手くいくわきゃねえとね。ええ。まあ来年も自分の不足をなにかのせいにしながら頑張って生きたいと思います。

     

    マネーゲームとは対照的に、ゲームライフの方はなかなかに充実した年でですね、従ってブログの方もだいぶサボり散らかしましたが、それでもわざわざコメントをくださった、へなちょこ様、そーや様、山田ゆうき様、sakanaya様、山田ぎんじ様、のりこ様、けえこ様、株ライン様、そしてご覧戴いた全てのみなさまへの感謝とともに、納めのネタをひとつ起こさせて戴きました。伝わりましたら幸いに思います。

    残念ながら動画を作るまではいけませんで、んー、株ラップとかあってですね、そこそこ歌詞だのメロディーラインだのは見えたんですが、まあそれはまた機会があればw

     

    それでは、来る年がみなさまにとって益多きものとなるよう祈りまして、さる年の納めとさせていただきます。

    ちなみに私は、除夜の鐘とともに死にます。また来世 ノシ

     

     

    脚注


    ◇風来のシレン

    チュンソフトのスーパーファミコンソフト。ローグライクゲームってゆーですね、なんかパズル要素の強いRPGで、レベル上げりゃ誰でもクリアできるもんじゃなくって、上手いこと頭つかってかないといけないヤツなんすよ。これを小学生の頃、完全にはクリアできなくてですね、「そうや、今やったらクリアできんじゃないか」とおもって、Wiiでダウンロードしたんすよ。結果、クリアはできたんすけどね。すげームズかったですね。覚えることとか多くて。そりゃ小学生にはクリアできねーわとおもいました。たまにはこーゆーゲームもいいすね。

     

    ◇重力使いキトゥン

    ソニーのアクションゲーム、GRAVITY DAZEの主人公。2012年にPSVitaで出たあと、2015年にPS4で出てますね。これをPSPlus会員はタダでダウンロードできた時期があって、やってみたんですけどね、いや面白かったですね。なんか重力のベクトルを自由に変えられるってことでですね、壁が地面になったり、空に落ちていったりっちゅーことができるんですね。いわゆるオープンワールドはマップが広すぎて移動がダルかったりするんですが、これは移動が楽しかったですわ。

     

    ◇ノクティス王子

    いわずとしれたFINAL FANTASY。そのXV の主人公ですね。つい最近出たんですが、みなさんやりましたか?まあネタバレしたらアレなんで、あんま書かんどきますけど、個人的な感想としては、やっぱ辛ぇわ、ですねw

     

    ◇相場格言・干支編

    まあネタの中で書いた通りなんですけど、そんなカンジなんすね。今年は実際騒ぎましたね。EUだのトランプだの。まあしかしこれは当たったりハズレたりなんで、狂信してトレードとかしちゃダメですわねw なんかそれっぽいことが起きた時に「ホラ、ホラホラ」的なね、ことやっていったら、まあちょっと楽しめるんじゃないすかねww

     

    ◇クックドゥ

    味の素の中華調味料シリーズ。杉咲花さんの食いっぷりが良い。

     

    ◇木鶏

    元は中国の故事らしいですよ。なんか天才闘鶏調教師みたいな人がいて、途中経過を報告するんですが、「まだ威張ってるからいけません」とか、「まだ他の鶏を見ただけでイキってるからいけません」とか、「強さを誇示してるからいけません」とかからの、「もう良いでしょう。他の闘鶏が鳴いても、全く相手にしません。まるで木鶏のように泰然自若としています。その徳の前に、かなう闘鶏はいないでしょう」だそうですね。

    双葉山のエピソードはネタの通りですが、白鵬の連勝が63で止まった時も、双葉山になぞらえて、「いまだ木鶏たりえず、だな」と語ったそうで。ちなみにその連勝を止めたのが稀勢の里なんすけどねw 強いんすけどねww なんで優勝できんのかなwww


     

     

     

     

    ↓ブログランキングに参加してます。クリックしていただけると、とても幸せな気持ちになれます。僕が。

     

     


  • ぼうけんのきろく4 おんせんのまち ゆふ

     

     

    ↑ブログランキングに参加してます。クリックしていただけると、とても幸せな気持ちになれます。僕が。

     

     

     

    a1 窓口

    a2 大人一枚

    a3 由布院観光辻馬車

    a4 ユキちゃん

    a5 御者

    b1 今でこそ

    b2 いろんな計画

    b3 こうしたもの

    b4 持ち前の自然

    b5 慎重にかじ取り

    b6 大分中部地震

    b7 運行開始

    b8 大好評

    c1 よくできている

    c2 独特の妙味

    c3 大局の利

    c4 新たな試練

    c5 鮮明な憂え

    c6 より強く思いを

    c7 旅の意味は

    d1 そういえば

    d2 やっぱり

    d3 霧に沈む由布

    d4 この先は

    d5 エンド

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    e1 オチ1

    e2 オチ2

    e3 オチ3

    e4 オチ4

     

     

    脚注


    ◇由布院観光辻馬車

    馬車を引いてくれるお馬さんは3頭。白毛のゆきちゃん、芦毛のくりちゃん、栗毛のさぎりちゃんである。どのお馬さんに当たるかは乗ってからのお楽しみ。由布院駅構内にチケット販売窓口があり、当日に限り電話予約も可能だが、原則として窓口予約が優先。ホントに人気ですぐ売り切れるので、その日は早めにチェックアウトしてオープン直後に予約した。町の中を散策していると目にすることもあり、のどかな雰囲気を引きたてている。上述の通り、昭和50年4月の震災の際、復興促進の意味も込めて対馬から買い付けて来た後、同年7月にはもう運行を開始したという。今回の震災においても「辻馬車の再開」は大きな意味を持ち、強いメッセージを放ったように感じた。

     

    ◇佛山寺

    由布岳信仰の本拠地として古くから親しまれてきたお寺。鐘楼を備えた茅葺の山門など、造りも特徴的。辻馬車で巡る際は、ここでしばらく休憩するので、参拝することもできる。

     

    ◇宇奈岐日女神社

    当初は、前述「蹴裂伝説」にも登場した宇奈岐日女(うなぐひめ・うなぎひめ・うなきひめ)が祭神であったと考えられるが、現在は別の6柱が祭神であり、従って「六所宮」とも呼ばれる。町の中心部に大きな鳥居が見られるが、これは宇奈岐日女神社のものである。ここも佛山寺同様、辻馬車の休憩地点である。

     

    ◇霧に沈む由布

    秋から冬にかけ、冷え込んだ晴天に発生しやすいという。狭霧台から見る由布院全体の光景もそうだが、金鱗湖にかかる朝もやも良いらしい。ピンポイントで観測するのは難しいらしく、いわゆる「持ってる」必要がある。

     

    ◇この先はキミ自信の目で確かめよう

    攻略本と言えば、今では端から端まで完全に網羅してるのが当たり前ですけどね、昔の攻略本、そーすね、初代プレステぐらいまではね、ラスボスは載せないってのが暗黙のルールだったような気がしますね。なので、スーファミ時代ぐらいまで遡ると、「この先はキミ自信の目で確かめよう」なんつって放り投げるのとかあってですね、はいはいお約束みたいな感じでしたよね。初めてラスボスのデータが載ったの見たのが、「FF10アルティマニアΩ」だったよな気ぃしますね。まあ今回の記事はタイトルがタイトルですんで、こんなサゲもアリかなってゆーカンジです。のりこさん、nice inspireでしたwありがとうございましたww(謝辞)。


     

    リザルト5月リザルト6月リザルト7月

     

     

     

    ↓ブログランキングに参加してます。クリックしていただけると、とても幸せな気持ちになれます。僕が。

     

     


  • ぼうけんのきろく3 おんせんのまち ゆふ

     

     

    ↑ブログランキングに参加してます。クリックしていただけると、とても幸せな気持ちになれます。僕が。

     

     

     

    a1 紹介しよう

    a2 湯葉天

    a3 うまい

    a4 すき焼き

    a5 溜め

    a6 うまい2

    a7 貸切露天

    a8 脱ぐ

    a9 半露天

    a10 いよとみプレート

    a11 よっこらせ

    a12 最後

     

     

     

    脚注


    ◇温泉旅館いよとみ

    由布院駅から歩いて10分ぐらいの温泉旅館。パッと見はすごいモダンなんですけどね、最近改装したらしく、実は創業90年という伝統ある旅館なんですね。一番の特徴は貸切露天風呂でですね、なんか廊下にランプがありまして、入ってドアのカギ閉めるとそれが点灯して、空いてるかどうかわかるってゆーシステムでしたね。いやー、良かったですよ。意味もなく湯船を一周したりとかしましたね。だいぶ軽いノリのお姉さんと、若いのにすごく丁寧なお姉さんと、いかにもベテランなお姉さんと、仲居さんもそれぞれ個性があっておもろかったすね。サイトはこちら↓↓

    http://www.iyotomi.jp/

     

    ◇和食市ノ坐

    いよとみさんのちょうど向かいにありましたんで、チェックインしたあとお邪魔しました。いやしかしね、湯葉の天ぷらってゆーものがあるんですね。僕はじめて見たもんで、即決で注文したんですが、これがパリッパリでですね。すごいんですよ。ほんとにパリッパリ音がするんですね。サクサクとかじゃないんですね。パリッパリなんすよ。豆腐やら湯葉やらは水が綺麗な土地で盛んなんて聞いたりしますが、大分は湧水も多くて、日田市の「日田天領水」なんてのはミネラルウォーターとしてお店でも売ってたりしますね。またぜひお邪魔したいと思いますね。サイトはこちら↓↓

    http://www.ichinoza.jp/

     

    ◇満点☆青空レストラン

    日本テレビ系列で放送されている、料理をテーマとしたグルメ紀行バラエティ番組。宮川大輔がうまいものを食った時、「うまい!」と叫んでエコーがかかるのが特徴。単なる「うまい!」だけではなく、浸り気味の「あーうまい!」や、驚き気味の「うわうまい!」などバラエティ豊か。サイトはこちら↓↓

    http://www.ntv.co.jp/aozora/


     

     

    ↓ブログランキングに参加してます。クリックしていただけると、とても幸せな気持ちになれます。僕が。

     

     


  • ぼうけんのきろく2 おんせんのまち ゆふ

     

     

    ↑ブログランキングに参加してます。クリックしていただけると、とても幸せな気持ちになれます。僕が。

     

     

     

    a1 金鱗湖

    a2 むかしむかし

    a3 名を宇奈岐日女

    a4 じっと眺めていた

    a5 権現はおるか

    a6 彼の水底には

    a7 見事干上がらせて

    a8 クンッ

    a9 ズァオ

    a10 どんどん流れ出す

    a11 急に夜になった

    a12 なんだあの龍は

    a13 神龍

    a14 聞けばこのドラゴン

    a15 よかろう

    a16 見守って

    a17 承知した

    a18 こうして

    b1 龍拳爆発

    b2 由来

    b3 魚

    b4 湯の坪街道

    b5 とはいえ

    b6 巧みに

    b7 よくできている

    b8 宿の灯に

     

     

     

    脚注


    ◇蹴裂伝説

    由布岳の女神、宇奈岐日女(うなぐひめ・うなきひめ・うなぎひめ)が蹴裂権現(けさきごんげん)に命じ、湖を盆地に変えたという伝説。宇奈岐日女の名は、金鱗湖より南方に位置する宇奈岐日女神社にも残されている。

     

    ◇ドラゴンボールZ 龍拳爆発!!悟空がやらねば誰がやる

    1995年7月15日に公開されたドラゴンボールシリーズの劇場公開作第16弾。クライマックスで幻魔人ヒルデガーンを仕留める際、黄金の龍をまとった「龍拳」という技が繰り出されるが、なんのフリもなくいきなり初披露されたため、盛り上がるというよりは「あっそんな技あったんですか…」となった。

     

    ◇湯の坪街道

    由布院駅から金鱗湖方面へと伸びる、徒歩およそ30分の街道。飲食店やカフェ、工芸品店に雑貨屋と、食事や買い物には最適である。上述の通りレトロな店構えが軒を連ねるが、昔からのものを保全してきたというわけではなく、その発展は20年ほど前からと、比較的近年。町外資本による店舗の増加も少なくなく、湯の坪街道という名前も2000年頃になって呼ばれ始めたという。


     

     

    ↓ブログランキングに参加してます。クリックしていただけると、とても幸せな気持ちになれます。僕が。

     

     


  • ぼうけんのきろく1 おんせんのまち ゆふ

     

     

    ↑ブログランキングに参加してます。クリックしていただけると、とても幸せな気持ちになれます。僕が。

     

     

     

    a1 特急ゆふ

    a2 到着

    a3 馬車予約

    a4 売り切れ

    a5 昼食をとりつつ

    a6 おかみさん

    a7 タクシー

    b1 金鱗湖まで

    b2 はじめて?

    b3 少し寄り道

    b4 お願いしましょう

    b5 挟霧台

    b6 由布岳

    b7 野焼き

    b8 慣れている

    b9 外人も多い

    b10 ほにゃらら

    b11 まるで異国の

    b12 金鱗湖に到着

     

     

     

    脚注


    ◇特急ゆふ

    「特急ゆふいんの森」とともに、博多ー別府・大分間を運行する特急列車。観光列車という位置付けの「ゆふいんの森」に対して、こちらはいわゆる普通の特急列車である。時期によってどちらの列車が運行するか変わるので、予約する際は注意が必要。

     

    ◇インバウンド

    要するに訪日外国人旅行。中国人観光客が大挙して炊飯器やら医薬品やらを爆買いしてったというニュースは記憶に新しいが、さすがに炊飯器とかそんなたくさん要らんやろということで、その流れも一服したとか何とか。インバウンド関連銘柄といえば、従って家電量販店やら百貨店やらドラッグストアやらで、個人的には8202 ラオックスとか監るっちゃ監る。これとカンケーあるかしらんすけど、ラオックスまた最近軽く動いてますよね。


     

     

    ↓ブログランキングに参加してます。クリックしていただけると、とても幸せな気持ちになれます。僕が。